プレスリリース

保育園や幼稚園などで撮影した写真をクラウドで共有できる「hugphoto」アプリの提供を開始


~AIによる顔認識技術でお子さまの写真を簡単に検索、プリント注文もできる~



ソフトバンクグループで保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmo(本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)は、hugmoにアップロードされた子どもたちの写真の閲覧やプリント注文ができる「hugphoto(ハグフォト)」アプリの提供を、2018年10月18日から開始します

「hugphoto」アプリは、現在提供中の連絡帳サービス「hugnote(ハグノート)」にアップロードされた保育園や幼稚園などでの日常風景やイベントの写真など、hugmoのクラウドに蓄積された写真をまとめて閲覧できるアプリです。AI(人工知能)による顔認識技術でたくさんの写真の中からお子さまの写真を検索したり、写真を家族とセキュアに共有したり、気に入った写真を簡単操作でプリント注文することも可能です。注文した写真は自宅に直接お届けするので、保育園や幼稚園などでの取りまとめや管理などの業務は不要です。今後は、子どもごとにオリジナルのアルバムを作成する機能も提供する予定です。

また、2018年10月22日から11月20日までに写真プリントのお申し込みを完了された方を対象に、通常販売価格から10%の割引と併せて、メール便の送料が無料になる「hugphotoプリントキャンペーン」を実施します。

※ App Storeでは10月18日から、Google Play™ では10月29日から提供します。ご利用には「hugnote」のユーザーアカウントが必要です。

<主な機能>
  • 保育園や幼稚園などの日常風景やイベントなどを撮影した写真を、「タイムライン」「年月」「アルバム」「お気に入り」などの形式で表示することができます。
  • AIによる顔認識技術でたくさんの写真の中からお子さまの写真を検索することができます。
  • 簡単操作で高画質のL版プリントや2L版プリントをご自宅にお届けします。
<利用イメージ>
<利用イメージ>


「hugphoto」アプリの詳細は、こちらをご参照ください。お問い合わせは、こちらをご覧ください。

■株式会社hugmoについて

ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立された会社で、保育者および保護者向けにスマートフォンやパソコンで利用できる保育クラウドサービス「hugmo」を提供しています。「未来を創る大切な子どもたちのために、子育てを最高にワクワクする、楽しいものにしたい」をコンセプトに、保育業界へのICT導入を通して、保育者の業務負担軽減と未来を担う子どもたちの豊かな保育を目指しています。詳細はこちらをご覧ください。