プレスリリース

IoTを活用した午睡見守りサービス「hugsafety」が静岡県藤枝市の認可保育所と認定こども園10カ所で新たに採用



ソフトバンク株式会社の子会社で保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmo(ハグモー、本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)は、IoTを活用した午睡(昼寝)見守りサービス「hugsafety(ハグセーフティ)」が、静岡県藤枝市の認可保育所と認定こども園10カ所で採用されることが決定しましたのでお知らせします。

「hugsafety」はマット型IoTセンサーと、連絡帳サービス「hugnote(ハグノート)」アプリを連携させて提供するサービスです。マット型IoTセンサーで検知した呼吸や心拍の状態を、Wi-Fi経由で自動的にクラウドにアップロードし、「hugnote」アプリで確認することができます。異変を検知した場合は、アプリの表示と音でアラートを通知するため、いち早く園児の状態を確認することができます。

このたび、園児の呼吸の状態の異変をリアルタイムに検知できること、布団やマットレスの下に設置するだけで利用できるため園児の睡眠を妨げないこと、コードレスで扱いやすいことなどが評価されて採用に至りました。

厚生労働省は、保育園への監視モニターやベビーセンサーなどの設備導入により事故防止対策を推進するため、2018年4月から「保育園等におけるICT化推進等事業(事故防止対策分)」として市区町村に交付金を交付しています。「hugsafety」およびマット型IoTセンサーは、この市区町村からの補助金の対象となるものです。株式会社hugmoは、「hugsafety」およびマット型IoTセンサーの導入を促すことによって、園児の午睡の安全対策強化と保育士の心理的負担を軽減することを目指します。

■株式会社hugmoについて

ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立された会社で、保育者および保護者向けにスマートフォンやパソコンで利用できる保育クラウドサービス「hugmo」を提供しています。「未来を創る大切な子どもたちのために、子育てを最高にワクワクする、楽しいものにしたい」をコンセプトに、保育業界のICT導入を通して、保育者の業務負担軽減と未来を担う子どもたちの豊かな保育を目指しています。詳細はこちらをご覧ください。