hugmo Newsプレスリリース

hugsafety「スマート検温サービス」が、保育園・幼稚園向け業務支援システム「コドモン」でも利用可能に

ソフトバンク株式会社の子会社で、子育てクラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmo(本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)は、株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池 義則)が提供する、4,800以上の保育園・幼稚園で利用されている業務支援システム「コドモン」で、「hugmo」の「スマート検温サービス」が利用できるようになりましたのでお知らせします。

「hugmo」と「コドモン」のプラットフォームは、2019年4月から相互連携を開始し、IoTを活用した昼寝見守りサービス「午睡見守りサービス」を、「コドモン」の管理画面から利用することができるようになりました。「スマート検温サービス」は、「コドモン」で利用できる二つ目の「hugmo」のサービスです。

「スマート検温サービス」は、非接触で利用できるIoT体温計「スマート体温計」(製造販売元:ヒュービディックジャパン株式会社)と専用アプリにより、わずか3秒で体温を測定し、クラウドに記録することができるサービスです。従来の脇専用電子体温計で検温し、紙に記録した場合と比較して、業務時間を80%削減することができます(※1)

「スマート検温サービス」は、こどもの安全を見守るサービス「hugsafety(ハグセーフティ)」のラインアップとして提供しています。現在「hugsafety」で展開している「午睡見守りサービス」をご利用の施設は、追加料金なしで「スマート検温サービス」をご利用いただけます(※2)。

「スマート検温サービス」の詳細は、「hugsafety」のページをご覧ください

※1 測定時間が25秒の脇専用電子体温計と比較した場合。(当社試算)
※2スマート体温計のお支払いが別途必要です。

利用イメージ

こども施設向けICTシステム「コドモン」について

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するシステムで、株式会社コドモンが提供しています。園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、こどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開しています。
https://www.codmon.com/

株式会社hugmoについて

ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立された会社で、子育て関係者および保護者向けにスマートフォンやパソコンで利用できる子育てクラウドサービス「hugmo」を提供しています。「未来を創る大切なこどもたちのために、子育てを最高にワクワクする、楽しいものにしたい」をコンセプトに、こどもを預かる施設へのICT導入を通して、子育て関係者の業務負担軽減と未来を担うこどもたちの豊かな子育て環境を目指しています。
詳細はこちらをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。