プレスリリース

「hugphoto」の新商品
「イヤーアルバム」を提供開始


~子どもを預かる施設と
家庭の写真の中から、
保護者が選んでアルバムを作成~

2019年6月14日
株式会社hugmo


ソフトバンク株式会社の子会社で子育てクラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmo(ハグモー、本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)は、「hugmo」にアップロードされた子どもたちの写真の閲覧やプリント注文ができる「hugphoto(ハグフォト)」の新商品として、「イヤーアルバム」の提供を2019年6月26日から開始します。
「hugphoto」および「イヤーアルバム」の利用に当たり、子どもを預かる施設(保育園や幼稚園、こども園、学童保育など、以下「子ども施設」)に初期導入費用や月額料金はかかりません。保護者は、アルバム購入代金を「hugmo」の決済システムでお支払いいただけます。
「イヤーアルバム」は、「hugmo」にアップロードされている写真と、保護者のスマートフォンやタブレットに保存されている写真の中から、保護者が「hugphoto」アプリで自由に選択して、1冊のアルバムを作成できるサービスです。子ども施設で撮影された写真だけでなく、家庭で撮影した写真も1冊のアルバムにまとめることができます。進級や誕生日、イベント、卒園などの思い出に、手軽にアルバムを作成することが可能です。
アルバムのタイプは、大切な思い出をしっかりと残せるハードカバータイプ(20ページ)と、コンパクトなソフトカバータイプ(10ページ)の2種類から選択可能です。作成したアルバムは1冊から注文でき、複数注文して祖父母などの住所へ送ることもできます。
「イヤーアルバム」の詳細およびお問い合わせは、こちらをご覧ください。
<「イヤーアルバム」の特長>
  • 保護者が子どものオリジナルアルバムを作成できる。
  • 子ども施設で撮影された「hugmo」のクラウド上にある写真と、スマートフォンやタブレッドに保存されている家庭で撮影した写真を、1冊のアルバムにまとめられる。
  • 写真を選択するとアプリが配置する、自動レイアウト機能を搭載。自動レイアウト後に、順番を変更したり、コメントを入れたりすることも可能。
  • 「hugphoto」アプリのAI(人工知能)による顔認識機能で、たくさんの写真の中から子どもの写真を検索することができる。
  • 丈夫で高級感のあるハードカバータイプ(20ページ)と、薄くてコンパクトなソフトカバータイプ(10ページ)の2種類から選べる。
<「イヤーアルバム」の仕様>
表紙タイプハードカバーソフトカバー
ページ数(表紙を除く)20ページ10ページ
価格2,980円1,980円
サイズ210mm × 156mm 厚さ10mm200mm × 147mm 厚さ3mm
写真枚数最大22枚最大12枚
製本仕様フラット製本
表紙:光沢ラミネート加工
本身:マット紙
無線綴じ製本
表紙:光沢ラミネート加工
本身:光沢ラミネート加工
専用ケースありなし
※別途、送料がかかります。
※価格は税抜きです。
<「hugphoto イヤーアルバム」の仕様>
ハードカバー
ページ数
(表紙を除く)
20ページ
価格2,980円
サイズ210mm × 156mm 厚さ10mm
写真枚数最大22枚
製本仕様フラット製本
表紙:光沢ラミネート加工
本身:マット紙
専用ケースあり
ソフトカバー
ページ数
(表紙を除く)
10ページ
価格1,980円
サイズ200mm × 147mm 厚さ3mm
写真枚数最大12枚
製本仕様無線綴じ製本
表紙:光沢ラミネート加工
本身:光沢ラミネート加工
専用ケースなし
※別途、送料がかかります。
※価格は税抜きです。
「イヤーアルバム」
ハードカバー ソフトカバー

■株式会社hugmoについて

ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立された会社で、子育て関係者および保護者向けにスマートフォンやパソコンで利用できる子育てクラウドサービス「hugmo」を提供しています。「未来を創る大切な子どもたちのために、子育てを最高にワクワクする、楽しいものにしたい」をコンセプトに、子どもを預かる施設へのICT導入を通して、子育て関係者の業務負担軽減と未来を担う子どもたちの豊かな子育て環境を目指しています。
詳細はこちらをご覧ください。